MENU

耳の病気

Medical

耳の病気

急性中耳炎

お子さんがかかりやすい鼓膜の奥の感染症です。鼻の風邪が中耳に広がることで起きます。必ずしも耳が痛くなるわけではなく、特に小さなお子さんの場合は耳痛を訴えない場合もあります。発熱、不機嫌、耳をいじるなどが発見のきっかけになることもあります。 治療はガイドラインに準じて行います。軽症の場合、抗生物質を使わないこともあります。重症の場合は通常よりも倍の量を使用することもあります。もし、効果がない場合は、抗生物質を変更します。お子さんによっては長期に抗生物質を使用せざるを得ないこともあります。

薬が効きにくい方や症状の強い場合は鼓膜切開を行う場合があります。鼓膜切開は顕微鏡下で行いますので安全に行うことが可能です。

小さいお子様は風邪をひくことが多いため、中耳炎も繰り返すことが多いです。繰り返す頻度が多い場合鼓膜に小さなチューブを入れ穴を閉じないようにすることもあります。

しん出性中耳炎

鼓膜の奥に液体がたまり、難聴を引き起こす中耳炎です。痛みや発熱を伴うことは通常ありません。小さい子供がかかることが多いので見過ごされていることが多い病気です。そのため言葉の発達が遅れたり、学業に影響する可能性もあります。また徐々に鼓膜が奥に引っ張られるため、真珠腫性中耳炎や癒着性中耳炎という難治性中耳炎になることもまれにあります。

治療はガイドラインに準じて行います。発症から3カ月は自然治癒が期待されるため、経過観察が中心です。鼻が悪くてなることが多いため、鼻の治療が必要になることがあります。

3カ月たって治っていない場合、重症の場合(鼓膜が強く変形、難聴が強いなど)は鼓膜にチューブを入れる必要があります。軽症の場合は鼻風船治療を行うこともあります。これは鼻にあてた風船を自分の力で膨らませ、耳に空気を送ってあげる治療法で、オトヴェントという商品を使用します。換気することで水の排泄を促す治療法です。

このように滲出性中耳炎は治るまで時間のかかることが多い病気です。診断された親御さんは症状がないからと放置せず、しっかりと通院をしていくことが重要になります。

慢性中耳炎

鼓膜に穴があいたままになる病気です。穴があくと鼓膜の外から菌が入りやすくなり感染しやすくなります。また音の伝わりが悪いため、聞こえが悪化します。根本的に治すためには手術が必要になります。手術を希望された場合、提携している病院にご紹介します。

真珠腫性中耳炎、癒着性中耳炎

いずれも難治性中耳炎の代表です。真珠腫性中耳炎は鼓膜が奥に引っ張られその中で耳垢がたまっていく病気です。耳垢がたまっていくと徐々に周りの骨が溶けていくため、難聴が悪化したり、めまいを起こしたり、顔面麻痺を起こし、様々な症状が出現する可能性があります。手術が必要な病気です。

癒着性中耳炎は鼓膜が奥にへこんで、奥の壁に完全にくっつく状態です。さらに進行させないために鼓膜にチューブを入れます。

このような難治性中耳炎は滲出性中耳炎や慢性中耳炎から進行することが多いため、中耳炎と診断された場合は放置せず、しっかり治療していくことが重要です。

耳垢栓塞

耳かきをしなければ耳垢がたまって聞こえなくなる心配をされる方がおられますが、通常は耳かきをしなくても自然と耳垢が外まで出るため、詰まることはありません。ただし、赤ちゃんや高齢者の方、耳垢がべとっとした方は耳垢栓塞となることもあるため、そのような方は耳掃除が必要と考えられます。当院ではルーペ付き眼鏡や顕微鏡などで拡大して観察し、特殊な鉗子を用いて耳垢を掃除します。硬くて取れない場合は耳垢を柔らかくするお薬を使うこともあります。

外耳道炎、外耳道湿疹

もともと外耳道は奥に鼓膜があり、狭い通路のため、通気が悪く、かゆみが生じやすい場所です。

病気がなくても風呂上りに耳がかゆく感じることはだれでもあると思います。その際の耳かきの気持ちよさもだれもが理解できるところではありますが、耳をかくことで耳のかゆみが慢性化し、外耳道炎、外耳道湿疹などの状態になることがあります。病気が悪化すると耳のまわりに炎症が広がったり、聞こえがわるくなることもあり、耳かきのやりすぎには注意が必要です。

耳かきのしすぎで痛みを伴う外耳道炎やかゆみを伴う外耳道湿疹となると治療が必要になります。耳を洗ったり、内服薬、塗り薬(抗生物質、ステロイド)で治療します。

耳なり

耳鳴りとは、外で音がしていないのに音が聞こえる状態です。耳鳴りを訴える人の多くは、何らかの聴力障害を持っている方が多いです。しかし、検査上では正常でも耳鳴りを訴えるケースがあります。過労やストレス、心理的要因などによっても耳鳴りは強くなったりします。耳鳴りがひどい方は一度耳鼻科を受診して、聴力検査をすることをおすすめします。

突発性難聴

ある日急に耳が聞こえなくなる病気です。原因はまだわかっていませんが、近年の研究で、神経への血流障害やウイルス感染や内耳のリンパ水腫による障害であると考える説が有力とされています。

難聴以外にめまいや耳鳴りを伴うこともあります。確立された治療法はありませんが、一般的にはステロイド治療を中心として薬物治療を行っていきます。糖尿病や重症の高血圧症、ウイルス性肝炎などステロイドを使用できない方はプロスタグランジン製剤の注射を行うこともあります。高度の突発性難聴の場合は入院を勧める場合もあります。治療を行っても全く改善しない例もありますので、できるだけ早く治療開始する必要があります。

急性低音障害型感音難聴

耳の詰まりや耳鳴り、低い音の聞こえの低下の症状で来られます。めまいを伴うことはありません。聴力検査で低い音だけ難聴を認めると確定診断になります。突発性難聴よりも回復しやすい病気ですが、繰り返しやすい病気でもあるので、誘因となるストレス、睡眠不足、過労には十分気を付けていただく必要があります。

めまい

人間は、眼(視覚)・耳(平衡感覚)・皮膚・筋肉・関節等(体制感覚)から送られる情報を脳が統合し保たれています。耳には①聴力②三半規管による平衡感覚と2つの働きがあります。

耳(平衡感覚)を維持する三半規管に障害がおきるとうまくバランスがとれなくなります。耳の病気や自律神経の問題からめまいが起きる事が多いです。一言で「めまい」と言ってもその症状は様々で、ぐるぐる回る感じ、ふわふわ浮く感じ、よろよろする感じ、立ちくらみなど様々な訴えがあります。めまいのイメージとして、内科・脳外科からのめまいが原因だとお考えになっている患者さまが多いことも事実ですが、耳からの原因が多いです。

メニエール病は耳のめまいの病気としては有名ですが、内耳のリンパ液のむくみで起こると言われており、難聴とめまいをくりかえす病気です。ストレス、睡眠不足、過労、運動不足などでめまい発作を引き起こすことが多いため、日々の生活習慣をしっかりと見直す必要があります。

状態が落ち着くまでお薬を処方します。発作時は注射も行い、症状の軽減を図ります。 良性発作性頭位めまい症はめまいの中でも最も多い病気です。三半規管に耳石が入り、頭の位置を変えると回転性めまいが誘発される病気です。治りやすい病気ですが、当院では薬物治療を行ったり、リハビリの指導をします。

pagetop